【携帯電話料金をあなたの常識を超えて安くする方法】
携帯電話使用料をあなたの常識を超えて安くする方法をご提案します。携帯電話に関する記事は「カテゴリ」から選択してください。あなたにとって有益な携帯電話に関する情報があるかも知れません。
ソフトバンク携帯電話情報

ソフトバンクモバイル、auの猛攻でやはりドコモに移転0。(ドコモ2.0)

純減ドコモ「守りの弱さ」露呈 料金プラン見劣り
ドコモが9カ月ぶりに純減に転じた。2年の継続利用を条件に基本使用料を半額にする新サービスで巻き返しを狙ったが、顧客流出に歯止めがかからない。ソフトバンクモバイル、auの猛攻をはね返すことができず、“守りの弱さ”を露呈している。


 NTTドコモの8月の新規契約数から解約数を差し引いた「純増減数」が9カ月ぶりに、解約数が新規契約数を上回る「純減」に転じた。8月22日から2年の継続利用を条件に基本使用料を半額にする新サービスで巻き返しを狙ったが、それでも顧客流出に歯止めをかけることができなかった。携帯市場で 50%超のシェアを握る巨人ドコモだが、3位のソフトバンクモバイル、2位の「au」を展開するKDDIの猛攻をはね返すことができず、“守りの弱さ”を露呈している。

 ドコモの累計契約シェアは、純増数の低迷で漸減傾向にあり、シェアは今年3月末の54.4%から8月末には53.5%と0.9ポイント低下した。

 逆にKDDIは3月末に比べ0.2ポイント増の29.3%。ソフトバンクは0.6ポイント増の17%と初めて17%に乗せる快進撃を続けている。

 ドコモも手をこまねいていたわけではない。最上位機種「904i」と中位機種「704i」の新シリーズを立て続けに投入したうえ、1台の携帯に2 つの電話番号とメールアドレスが持てる「2イン1」機能も設定。さらには8月22日からは半額制も導入した。端末、サービス、料金とすべての面をてこ入れしているが、「2イン1」は総務省の指示で純増数には計上できず、半額制も好評とはいうものの、KDDIも9月から半額制をスタートしたため、新契約の取り込みにはまだつながっていない。

 ドコモの本業のもうけを示す営業利益は7800億円弱とソフトバンクモバイルの約5倍。豊富な資金力を持ちながらも、料金の一層の引き下げに関しては、「不用意な値引きは行いたくない」(首脳)と否定的だ。

 8月末の料金値下げもKDDIと下げ幅をそろえただけで、ソフトバンクが実施している一部の時間帯を除きソフトバンク携帯同士の通話が無料となる「ホワイトプラン」に勝る競争力のある料金プランを出すには至っていない。

 ドコモが、さらなる値引きに投資しないのは「株価や将来の投資負担を考えているため」(証券アナリスト)とみられる。

 純増数獲得のため収益を犠牲にして値引きすれば、筆頭株主のNTT持ち株会社を始め、株主への説明責任が果たせない。また、数年後に実用化が予定される3.9世代、4世代という次世代携帯電話の投資負担に備えて資金を蓄えておきたいとの思惑も働く。

 「純増数で“独り負け”が続けば株価に影響するし、純増数を取りに資金を使っても株価にも響く」(同)という身動きがとれない状況にドコモは追い込まれた。

 これを打破する武器として期待を高めるのが、高速データ通信機能を全機種に搭載する冬モデル。ドコモは新機種投入で失地回復を狙っており、年末商戦までは我慢の日々が続きそうだ。

http://www.itmedia.co.jp/news/articles/0709/10/news004.html
posted by dino at 11:32 | Comment(4) | TrackBack(0) | 携帯関連のニュース

ソフトバンクが4カ月連続で1位です。8月の携帯電話契約数。

ソフトバンクの1位が指定席になりつつありますが、AUとの差は大きくありません。

身動きの取れないDOCOMOだけが減らしている状況にあります。




 電気通信事業者協会(TCA)は9月7日、2007年8月末時点の携帯電話・PHSの契約数を発表した。

 発表によると、8月末時点での携帯電話の契約数は9887万7700件で、対前月比0.3%増となった。また、携帯IP接続サービスの契約数は8624万5600件で、対前月比0.3%増だった。

 事業者別契約数では、NTTドコモグループが2万2900件の純減で累計5290万4200件だった。また、2in1は、純増数が2万5000件、累計13万9400件だった。

 auとツーカーを合わせたKDDIグループは純増数15万8500件で累計2905万9100件だった。このうち、auが純増数20万3000件で累計2854万7300件、ツーカーは4万4500件の減少で累計が51万1900件となっている。

 ソフトバンクは純増数18万8900件で累計1685万4200件だった。ソフトバンクモバイルは5月にKDDIを抜いて以来、4カ月連続で純増数1位となった。

 なお、イー・モバイルの契約数は四半期ごとの公表のため、累計6万200件のままとなっている。

 一方、PHSの契約数は497万5600件で、対前月比0.7%減となった。事業者別契約数では、WILLCOMグループが1万3900件の減少で累計464万5200件、NTTドコモグループが3万6100件の減少で累計497万5600件だった。

http://japan.cnet.com/mobile/story/0,3800078151,20356055,00.htm
posted by dino at 10:54 | Comment(0) | TrackBack(0) | 携帯関連のニュース

純増数22万4800件でソフトバンクが1位--7月の携帯電話契約数

純増数22万4800件でソフトバンクが1位--7月の携帯電話契約数

電気通信事業者協会(TCA)は8月7日、2007年7月末時点の携帯電話・PHSの契約数を発表した。

 発表によると、7月末時点での携帯電話とPHSの契約数の合計は1億356万4900件で、対前月比0.5%増、対前年同月比5.6%増だった。

 このうち、携帯電話の契約数は9855万3200件で、対前月比0.5%増、対前年同月比5.7%増となった。また、携帯IP接続サービスの契約数は8600万5200件で、対前月比0.4%増、対前年同月比6.0%増だった。

 事業者別契約数では、NTTドコモグループが純増数8万1400件で累計5292万7100件だった。また、2in1は、純増数が4万7600件、累計11万4500件だった。

 auとツーカーを合わせたKDDIグループは純増数19万1200件で累計2890万600件だった。このうち、auが純増数23万4600件で累計2834万4300件、ツーカーは純増数4万3400件の減少で累計が55万6300件となっている。

 ソフトバンクは純増数22万4800件で累計1666万5300件だった。また、イー・モバイルの契約数は四半期ごとの公表のため、累計6万200件のままとなっている。

 一方、PHSの契約数は501万1700件で、対前月比0.2%減、対前年同月比4.2%増となった。事業者別契約数では、WILLCOMグループが純増数1万1300件で累計465万9100件、NTTドコモグループが純増数2万1400件の減少で累計35万2600件だった。

http://japan.cnet.com/mobile/story/0,3800078151,20354314,00.htm
posted by dino at 13:55 | Comment(0) | TrackBack(0) | 携帯関連のニュース

「Skype型ビジネスモデル」で新たな成長を見せるソフトバンク

「Skype型ビジネスモデル」で新たな成長を見せるソフトバンク

「無料通話できる(ソフトフォンの)Skypeは通信事業者にとって脅威ではないかと訊かれるが、Skypeのビジネスモデルは会員同士の通話が無料で、会員以外に電話をかけるときは有料というもの。これは(ソフトバンクモバイルの)ホワイトプランと同じであり、まさにソフトバンクケータイはSkype状態だ」――ソフトバンク代表取締役社長の孫正義氏は、順調に会員数を伸ばしているソフトバンクモバイルについてこう自信を見せる。


http://japan.cnet.com/mobile/story/0,3800078151,20354420,00.htm
posted by dino at 13:53 | Comment(0) | TrackBack(0) | 携帯関連のニュース

通信、NTT“独り負け” 07年4−6月決算

通信大手3社は、携帯電話の契約が好調だった「au」のKDDIとソフトバンクの2社が増収増益を確保した。半面、携帯契約の頭打ちが続くNTTドコモの苦戦が響いてNTTが減収減益となり、携帯電話で明暗が分かれた。

 4〜6月期の営業利益の増益幅で3社中、頭ひとつ抜け出したのがソフトバンクで、前年同期比44・9%増と伸びた。携帯子会社のソフトバンクモバイルの好調が寄与した。KDDIは携帯事業が堅調だったものの、固定電話の赤字が響き15・6%増だった。一方、NTTは、ドコモの大幅減益が響き、16・7%減と“独り負け”で、売上高も唯一、減収だった。

 3社の先行きには不透明感も漂う。ドコモ、KDDIが携帯電話料金の値下げに踏み切り、料金競争が激化の兆しを見せ始めているためだ。

 3社とも追加値下げの可能性を否定するが、料金競争が懸念要因となりそうだ。

http://japan.cnet.com/mobile/story/0,3800078151,20354444,00.htm
posted by dino at 13:49 | Comment(0) | TrackBack(0) | 携帯関連のニュース

ホワイト家族24発表!

w24.jpg「ホワイト家族24」発表!
ソフトバンクへの家族間通話が24時間無料

 ソフトバンクモバイルは、家族割引に加入しているホワイトプランのユーザーから同じグループ(家族)宛の通話が24時間無料になる、新たな割引サービス「ホワイト家族24」を発表しました。
6月の利用分(締め日により5/10、5/20からの場合あり)から導入されます。

 「ホワイト家族24」は、家族割引対象のホワイトプランユーザーに適用される割引サービスです。
「ホワイトプラン」では、ソフトバンク端末宛の通話が1時〜21時まで無料でしたが、6月以降は、家族割引内のユーザー宛に通話が21時〜翌1時までを含め、24時間無料で利用できるようになります。

 家族割引に指定したグループ内で、ホワイトプランを利用しているユーザーから家族への通話が24時間無料となりますので、グループ内のユーザー全員がホワイトプランである必要はありません。

dinoの家族は父親はオレンジプラン、他はホワイトプランという構成なので、父親からの電話は一度拒否して、コールバックするように運用しています。

当然ながら、国際サービスやテレビ電話(TVコール)、64Kデジタル通信は対象外です。

なんと追加料金は無料!
「ホワイトプラン」「家族割引」という2つの条件を満たせば自動適用されます。2つの条件を満たす既存ユーザーに対しては、サービス開始月である6月から自動適用されます。

家族割引の条件は、住まいが異なっていたとしても、住民票や健康保険証などの書類で親族を証明できる家族が利用できます。

家族でそんなに話さないよって思われるかもしれませんが、個人で複数回線契約しておいて、恋人に貸し出すようにすれば24時間通話無料電話の出来上がり。
しかも基本料980円ポッキリです!
すごいですね!
posted by dino at 15:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 料金プラン

オススメ端末情報(実質0円)(急がないと売り切れます!)

980円ではありませんが、割賦金=特別割引額な
実質0円でオススメ端末の情報です

1000円程度は他社通話やネットもされる方なら
このあたりから選択された方がお得になります

既に新型が出てますので、無料で購入できるのは
今しかありません。

特にアクオス携帯は店頭にはありませんから、
もうほんとに最後のチャンスですよ!


まずdinoも使っているスタイリッシュ携帯がこれ!

コーヒーブラックの渋いカラーと
ただ薄いだけではないそのデザインに一目ぼれしました!

機能的には700番台ということもありますが、
通話とメールができればいいという人向けになります

既に706Pが出ていますが、706P は若干厚くなっていますし
こちらのほうがカッコいいのではないでしょうか?

SoftBank 705P コーヒーブラック
SoftBank 705P コーヒーブラック  MNP(携帯電話番号ポータビリティ)
SoftBank 705P ノーブルシルバー
SoftBank 705P ノーブルシルバー  MNP(携帯電話番号ポータビリティ)
SoftBank 705P ピュアホワイト
SoftBank 705P ピュアホワイト  MNP(携帯電話番号ポータビリティ)

次に紹介するのはこれです!
800番台でありながら実質無料なので割安感があります

東芝製ということで作りこみもよく、比較的コンパクト
さまざまなバリエーション機種に展開されていることからも
完成度の高さが伺えます
万人向けなのでdinoは両親にこれをすすめました

特にホワイトは美しい仕上がりですので女性にオススメ
男性はブラックを!

SoftBank 810T ピンク
SoftBank 810T ピンク  MNP(携帯電話番号ポータビリティ)
SoftBank 810T ブラック
SoftBank 810T ブラック  MNP(携帯電話番号ポータビリティ)

最後はこれ!
割賦金は2380円ですが、実質無料で900番台の元フラッグシップモデル、ワンセグ付き、アクオス携帯が購入できるのは今だけ!
ラストチャンスでしょう
市場在庫もなくなっていますので、気にされている方はすぐ買ったほうが良いです

★なんとこの機種、4/16から980円機種になる模様です!
コストパフォーマンスとしてはありえないくらい最高です!

市場在庫を掃く為の措置と思われますので、
実際にはこの価格では、あまり多くは流通しないパターンでしょう

月2380円以上支払う予定の方は、今でも実質無料なので
早めの契約をお勧めします!★


ダントツ人気のシャープ製ですので作りもよく安心して使えます
フェリカ対応、ワンセグ画面はほんと美しいです
このスペックならなかなか色あせないでしょう
分厚いのが玉に傷です

カラーはどの色でも美しい仕上がりですので
好みでいいでしょう
しいて言えば女性にはホワイト
高級感があり無難なのはゴールドでしょうか
嫁にはホワイトをススメました

SoftBank 905SH ネイビー
SoftBank 905SH ネイビー  MNP(携帯電話番号ポータビリティ)
SoftBank 905SH ブラック
SoftBank 905SH ブラック  MNP(携帯電話番号ポータビリティ)
SoftBank 905SH ベージュ
SoftBank 905SH ベージュ  MNP(携帯電話番号ポータビリティ)
SoftBank 905SH ホワイト
SoftBank 905SH ホワイト  MNP(携帯電話番号ポータビリティ)
SoftBank 905SH レッド
SoftBank 905SH レッド  MNP(携帯電話番号ポータビリティ)
posted by dino at 22:33 | Comment(0) | TrackBack(0) | オススメ端末情報

980円機種の在庫を確認してみる(実質0円最安)

新規、MNP(他社から電話番号を引き継ぐ場合)で在庫が変わります。
それぞれで確認してみてください。

【期間限定】 SoftBank705SH プライスダウン!

人気のソフトバンクの機種がプライスダウン!


SoftBank 705N ピンク
SoftBank 705N ピンク MNP(携帯電話番号ポータビリティ)
SoftBank 705N ブルー
SoftBank 705N ブルー MNP(携帯電話番号ポータビリティ)
SoftBank 705N ホワイト
SoftBank 705N ホワイト MNP(携帯電話番号ポータビリティ)
SoftBank 705SH ピアノブラック
SoftBank 705SH ピアノブラック  MNP(携帯電話番号ポータビリティ)
SoftBank 705SH ピンク
SoftBank 705SH ピンク  MNP(携帯電話番号ポータビリティ)
SoftBank 705SH ブラック
SoftBank 705SH ブラック  MNP(携帯電話番号ポータビリティ)
SoftBank 705SH ブルー
SoftBank 705SH ブルー  MNP(携帯電話番号ポータビリティ)
SoftBank 705SH ホワイト
SoftBank 705SH ホワイト  MNP(携帯電話番号ポータビリティ)
SoftBank 706SC シルバー
SoftBank 706SC シルバー  MNP(携帯電話番号ポータビリティ)
SoftBank 706SC ピンク
SoftBank 706SC ピンク MNP(携帯電話番号ポータビリティ)
SoftBank 706SC ブラック
SoftBank 706SC ブラック  MNP(携帯電話番号ポータビリティ)
SoftBank 706SC ブルー
SoftBank 706SC ブルー MNP(携帯電話番号ポータビリティ)
SoftBank 804N コーラルピンク
SoftBank 804N コーラルピンク  MNP(携帯電話番号ポータビリティ)
SoftBank 804N ラピスブルー
SoftBank 804N ラピスブルー  MNP(携帯電話番号ポータビリティ)
SoftBank 812T ピンク
SoftBank 812T ピンク MNP(携帯電話番号ポータビリティ)
SoftBank 812T ブルー
SoftBank 812T ブルー MNP(携帯電話番号ポータビリティ)
posted by dino at 22:33 | Comment(0) | TrackBack(0) | 割賦金980円機種一覧

オススメ端末情報(実質負担有機種)とにかく良い物を!

端末代に月々数百円の負担ぐらいしてもいいから
本当にいいものがほしい!
という方も当然いらっしゃいますよね?


そういう方にはこちらがオススメです
割賦金3020円実質負担740円の新型アクオス携帯になります

905SHのほうがお買い得ですが、
厚みがかなり薄くなっていますので
こっちのほうが欲しくはなりますね

SoftBank 911SH シャンパンゴールド
SoftBank 911SH シャンパンゴールド(携帯電話番号ポータビリティ)
SoftBank 911SH シルバー
SoftBank 911SH シルバー(携帯電話番号ポータビリティ)
SoftBank 911SH ネイビー
SoftBank 911SH ネイビー(携帯電話番号ポータビリティ)
SoftBank 911SH バイオレットピンク
SoftBank 911SH バイオレットピンク(携帯電話番号ポータビリティ)
SoftBank 911SH ピンク
SoftBank 911SH ピンク(携帯電話番号ポータビリティ)
SoftBank 911SH ブラック
SoftBank 911SH ブラック(携帯電話番号ポータビリティ)
SoftBank 911SH ホワイト
SoftBank 911SH ホワイト(携帯電話番号ポータビリティ)

価格無視で一番欲しい機種はどれですか?
と聞かれた場合、やはりこれでしょう

割賦金2940円実質負担980円になってしまいますが、
最新のワンセグ携帯は厚みもぐっと薄く
薄型重視のdinoでもこれなら許容範囲ですし
性能はほぼNo1と言って良いです


SoftBank 911T シルバー
SoftBank 911T シルバー MNP(携帯電話番号ポータビリティ)
SoftBank 911T ブラック
SoftBank 911T ブラック MNP(携帯電話番号ポータビリティ)
SoftBank 911T ホワイト
SoftBank 911T ホワイト MNP(携帯電話番号ポータビリティ)
SoftBank 911T レッド
SoftBank 911T レッド MNP(携帯電話番号ポータビリティ)

そして最後はちょっと他と違いますが、スマートフォンのこれです

PC派なdinoはこれも最後まで購入対象候補でした

割賦金2970円実質負担640円ですが、
トータル16560円でPDAが購入できるようなものですから
これは非常に割安です

DOCOMOだとこれとほぼ同じものが、
法人向けで7万円くらいします

SoftBank X01HT ブラック
SoftBank X01HT ホワイト
posted by dino at 22:33 | Comment(0) | TrackBack(0) | オススメ端末情報

オレンジ(X)は地味だけど実は凄いんです(編集中)

◆オレンジプランとは?

他者対抗料金プランの一つです。
他社通話・メール、パケットをそこそこする人には以外にお得な場合があり、
「地味に凄い」いぶし銀プランです。

オレンジプランには2種類あります。
・オレンジ(W)・・・auのWINプラン対抗
・オレンジ(X)・・・auの1Xプラン対抗

基本は元のauのプランから210円安くした内容です。
auで人気の自分割が使え、(X)なら学割や 本家に無いパケット定額オプション「パケットし放題」もあります。
さらに、メール受信が無料です(2G:全角192文字まで 3G:全角128文字まで)。

また(X)プランが注目されているのは、auのWIN端末では選べなかった割安の1xプランが
ソフトバンクではWIN端末に相当する3G端末でも選べるようになっているからです。


続きは後日アップします
posted by dino at 12:59 | Comment(0) | TrackBack(0) | 料金プラン

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。