【携帯電話料金をあなたの常識を超えて安くする方法】
携帯電話使用料をあなたの常識を超えて安くする方法をご提案します。携帯電話に関する記事は「カテゴリ」から選択してください。あなたにとって有益な携帯電話に関する情報があるかも知れません。
ソフトバンク携帯電話情報

通信、NTT“独り負け” 07年4−6月決算

通信大手3社は、携帯電話の契約が好調だった「au」のKDDIとソフトバンクの2社が増収増益を確保した。半面、携帯契約の頭打ちが続くNTTドコモの苦戦が響いてNTTが減収減益となり、携帯電話で明暗が分かれた。

 4〜6月期の営業利益の増益幅で3社中、頭ひとつ抜け出したのがソフトバンクで、前年同期比44・9%増と伸びた。携帯子会社のソフトバンクモバイルの好調が寄与した。KDDIは携帯事業が堅調だったものの、固定電話の赤字が響き15・6%増だった。一方、NTTは、ドコモの大幅減益が響き、16・7%減と“独り負け”で、売上高も唯一、減収だった。

 3社の先行きには不透明感も漂う。ドコモ、KDDIが携帯電話料金の値下げに踏み切り、料金競争が激化の兆しを見せ始めているためだ。

 3社とも追加値下げの可能性を否定するが、料金競争が懸念要因となりそうだ。

http://japan.cnet.com/mobile/story/0,3800078151,20354444,00.htm
posted by dino at 13:49 | Comment(0) | TrackBack(0) | 携帯関連のニュース
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。