【携帯電話料金をあなたの常識を超えて安くする方法】
携帯電話使用料をあなたの常識を超えて安くする方法をご提案します。携帯電話に関する記事は「カテゴリ」から選択してください。あなたにとって有益な携帯電話に関する情報があるかも知れません。
ソフトバンク携帯電話情報

ソフトバンクモバイル、auの猛攻でやはりドコモに移転0。(ドコモ2.0)

純減ドコモ「守りの弱さ」露呈 料金プラン見劣り
ドコモが9カ月ぶりに純減に転じた。2年の継続利用を条件に基本使用料を半額にする新サービスで巻き返しを狙ったが、顧客流出に歯止めがかからない。ソフトバンクモバイル、auの猛攻をはね返すことができず、“守りの弱さ”を露呈している。


 NTTドコモの8月の新規契約数から解約数を差し引いた「純増減数」が9カ月ぶりに、解約数が新規契約数を上回る「純減」に転じた。8月22日から2年の継続利用を条件に基本使用料を半額にする新サービスで巻き返しを狙ったが、それでも顧客流出に歯止めをかけることができなかった。携帯市場で 50%超のシェアを握る巨人ドコモだが、3位のソフトバンクモバイル、2位の「au」を展開するKDDIの猛攻をはね返すことができず、“守りの弱さ”を露呈している。

 ドコモの累計契約シェアは、純増数の低迷で漸減傾向にあり、シェアは今年3月末の54.4%から8月末には53.5%と0.9ポイント低下した。

 逆にKDDIは3月末に比べ0.2ポイント増の29.3%。ソフトバンクは0.6ポイント増の17%と初めて17%に乗せる快進撃を続けている。

 ドコモも手をこまねいていたわけではない。最上位機種「904i」と中位機種「704i」の新シリーズを立て続けに投入したうえ、1台の携帯に2 つの電話番号とメールアドレスが持てる「2イン1」機能も設定。さらには8月22日からは半額制も導入した。端末、サービス、料金とすべての面をてこ入れしているが、「2イン1」は総務省の指示で純増数には計上できず、半額制も好評とはいうものの、KDDIも9月から半額制をスタートしたため、新契約の取り込みにはまだつながっていない。

 ドコモの本業のもうけを示す営業利益は7800億円弱とソフトバンクモバイルの約5倍。豊富な資金力を持ちながらも、料金の一層の引き下げに関しては、「不用意な値引きは行いたくない」(首脳)と否定的だ。

 8月末の料金値下げもKDDIと下げ幅をそろえただけで、ソフトバンクが実施している一部の時間帯を除きソフトバンク携帯同士の通話が無料となる「ホワイトプラン」に勝る競争力のある料金プランを出すには至っていない。

 ドコモが、さらなる値引きに投資しないのは「株価や将来の投資負担を考えているため」(証券アナリスト)とみられる。

 純増数獲得のため収益を犠牲にして値引きすれば、筆頭株主のNTT持ち株会社を始め、株主への説明責任が果たせない。また、数年後に実用化が予定される3.9世代、4世代という次世代携帯電話の投資負担に備えて資金を蓄えておきたいとの思惑も働く。

 「純増数で“独り負け”が続けば株価に影響するし、純増数を取りに資金を使っても株価にも響く」(同)という身動きがとれない状況にドコモは追い込まれた。

 これを打破する武器として期待を高めるのが、高速データ通信機能を全機種に搭載する冬モデル。ドコモは新機種投入で失地回復を狙っており、年末商戦までは我慢の日々が続きそうだ。

http://www.itmedia.co.jp/news/articles/0709/10/news004.html
posted by dino at 11:32 | Comment(4) | TrackBack(0) | 携帯関連のニュース

ソフトバンクが4カ月連続で1位です。8月の携帯電話契約数。

ソフトバンクの1位が指定席になりつつありますが、AUとの差は大きくありません。

身動きの取れないDOCOMOだけが減らしている状況にあります。




 電気通信事業者協会(TCA)は9月7日、2007年8月末時点の携帯電話・PHSの契約数を発表した。

 発表によると、8月末時点での携帯電話の契約数は9887万7700件で、対前月比0.3%増となった。また、携帯IP接続サービスの契約数は8624万5600件で、対前月比0.3%増だった。

 事業者別契約数では、NTTドコモグループが2万2900件の純減で累計5290万4200件だった。また、2in1は、純増数が2万5000件、累計13万9400件だった。

 auとツーカーを合わせたKDDIグループは純増数15万8500件で累計2905万9100件だった。このうち、auが純増数20万3000件で累計2854万7300件、ツーカーは4万4500件の減少で累計が51万1900件となっている。

 ソフトバンクは純増数18万8900件で累計1685万4200件だった。ソフトバンクモバイルは5月にKDDIを抜いて以来、4カ月連続で純増数1位となった。

 なお、イー・モバイルの契約数は四半期ごとの公表のため、累計6万200件のままとなっている。

 一方、PHSの契約数は497万5600件で、対前月比0.7%減となった。事業者別契約数では、WILLCOMグループが1万3900件の減少で累計464万5200件、NTTドコモグループが3万6100件の減少で累計497万5600件だった。

http://japan.cnet.com/mobile/story/0,3800078151,20356055,00.htm
posted by dino at 10:54 | Comment(0) | TrackBack(0) | 携帯関連のニュース

純増数22万4800件でソフトバンクが1位--7月の携帯電話契約数

純増数22万4800件でソフトバンクが1位--7月の携帯電話契約数

電気通信事業者協会(TCA)は8月7日、2007年7月末時点の携帯電話・PHSの契約数を発表した。

 発表によると、7月末時点での携帯電話とPHSの契約数の合計は1億356万4900件で、対前月比0.5%増、対前年同月比5.6%増だった。

 このうち、携帯電話の契約数は9855万3200件で、対前月比0.5%増、対前年同月比5.7%増となった。また、携帯IP接続サービスの契約数は8600万5200件で、対前月比0.4%増、対前年同月比6.0%増だった。

 事業者別契約数では、NTTドコモグループが純増数8万1400件で累計5292万7100件だった。また、2in1は、純増数が4万7600件、累計11万4500件だった。

 auとツーカーを合わせたKDDIグループは純増数19万1200件で累計2890万600件だった。このうち、auが純増数23万4600件で累計2834万4300件、ツーカーは純増数4万3400件の減少で累計が55万6300件となっている。

 ソフトバンクは純増数22万4800件で累計1666万5300件だった。また、イー・モバイルの契約数は四半期ごとの公表のため、累計6万200件のままとなっている。

 一方、PHSの契約数は501万1700件で、対前月比0.2%減、対前年同月比4.2%増となった。事業者別契約数では、WILLCOMグループが純増数1万1300件で累計465万9100件、NTTドコモグループが純増数2万1400件の減少で累計35万2600件だった。

http://japan.cnet.com/mobile/story/0,3800078151,20354314,00.htm
posted by dino at 13:55 | Comment(0) | TrackBack(0) | 携帯関連のニュース

「Skype型ビジネスモデル」で新たな成長を見せるソフトバンク

「Skype型ビジネスモデル」で新たな成長を見せるソフトバンク

「無料通話できる(ソフトフォンの)Skypeは通信事業者にとって脅威ではないかと訊かれるが、Skypeのビジネスモデルは会員同士の通話が無料で、会員以外に電話をかけるときは有料というもの。これは(ソフトバンクモバイルの)ホワイトプランと同じであり、まさにソフトバンクケータイはSkype状態だ」――ソフトバンク代表取締役社長の孫正義氏は、順調に会員数を伸ばしているソフトバンクモバイルについてこう自信を見せる。


http://japan.cnet.com/mobile/story/0,3800078151,20354420,00.htm
posted by dino at 13:53 | Comment(0) | TrackBack(0) | 携帯関連のニュース

通信、NTT“独り負け” 07年4−6月決算

通信大手3社は、携帯電話の契約が好調だった「au」のKDDIとソフトバンクの2社が増収増益を確保した。半面、携帯契約の頭打ちが続くNTTドコモの苦戦が響いてNTTが減収減益となり、携帯電話で明暗が分かれた。

 4〜6月期の営業利益の増益幅で3社中、頭ひとつ抜け出したのがソフトバンクで、前年同期比44・9%増と伸びた。携帯子会社のソフトバンクモバイルの好調が寄与した。KDDIは携帯事業が堅調だったものの、固定電話の赤字が響き15・6%増だった。一方、NTTは、ドコモの大幅減益が響き、16・7%減と“独り負け”で、売上高も唯一、減収だった。

 3社の先行きには不透明感も漂う。ドコモ、KDDIが携帯電話料金の値下げに踏み切り、料金競争が激化の兆しを見せ始めているためだ。

 3社とも追加値下げの可能性を否定するが、料金競争が懸念要因となりそうだ。

http://japan.cnet.com/mobile/story/0,3800078151,20354444,00.htm
posted by dino at 13:49 | Comment(0) | TrackBack(0) | 携帯関連のニュース

アイピーモバイル、資金難で携帯事業参入断念

元々ソフトバンク、イーアクセスとこのアイピーモバイルの3社が新規参入組みだったんですが、ソフトバンクは周知のとおりボーダフォン買収に成功し返還。
イーアクセスは事業開始したようですが、ぱっとしません。
アイピーモバイルの参入がなくなってしまっては、
やはりソフトバンクに期待するしかなさそうです。
元記事はこちらへ!
http://www.itmedia.co.jp/news/articles/0704/09/news012.html

http://japan.cnet.com/news/com/story/0,2000056021,20346662,00.htm

アイピーモバイル、資金難で携帯事業参入断念
定額制高速データ通信に特化して携帯電話事業への参入を目指していたアイピーモバイルが、資金調達難から事業化を断念したことがわかった。
2007年04月09日 02時43分 更新
 携帯電話事業への参入を目指していた通信ベンチャーのアイピーモバイル(東京都千代田区)が、資金調達難から事業化を断念したことが8日わかった。総務省に割り当てられた携帯用周波数は返上する。同社は週内に正式発表する方針。

 アイピーモバイルは、インターネット関連のコンサルティング会社「マルチメディア総合研究所」が中心となって平成14年11月に設立した。携帯電話事業で先行するNTTドコモやKDDIに対抗するため、音声通話ではなくパソコンやPDA(携帯情報端末)向けの高速データ通信を定額制で提供する戦略を表明。他社と異なる新通信方式「TDD」を採用するなど、独自性を打ち出して参入を目指した。

 17年11月には、ソフトバンクと、ADSL事業者のイー・アクセスとともに総務省から携帯事業の免許交付を受け、2.0ギガヘルツ帯の周波数を割り当てられた。

 当初は昨年10月のサービス開始を予定していたが、同年7月になって今年春への延期を発表。同時に既存株主から約40億円の追加増資を受けたものの、事業化に向けて必要な数百億円規模の資金調達は難航していた。

 総務省は携帯電話事業への周波数割り当てをめぐり、競争促進のため既存事業者よりも新規参入を重視して3社に免許を交付した経緯がある。しかし、昨年ボーダフォンを買収したソフトバンクも新規割り当て分を返上しており、予定通り参入したのは、先月末にサービスを開始したイー・アクセスの子会社イーモバイルだけとなった。

 同省は今後、返上分の再割り当てを検討する見通しで、NTTドコモやKDDIなどが獲得を目指すとみられる。

 携帯事業参入には、基地局を網の目のように張り巡らせるなど巨額の設備投資が必要。アイピーモバイルのようなベンチャー企業の資金調達力を不安視する声は当初からあった。

posted by dino at 20:43 | Comment(0) | TrackBack(0) | 携帯関連のニュース

ワンセグ1年 新機種続々 ワンセグ携帯を無料でGETする方法

凄まじい勢いで普及中のワンセグ携帯を無料でGETする方法があります メルマガ読者ならもうおわかりですよね


ワンセグ1年 新機種続々、急速に普及 収益確保はこれから
に関する記事はこちら

http://www.itmedia.co.jp/news/articles/0704/06/news046.html
こちらへ!

ソフトバンクモバイルの「AQUOSケータイ」がヒット端末になったのをはじめ、KDDI(au)が積極的に投入。これにドコモが追随する展開となり、急速に普及した。各社は今後、ワンセグをてこにした収益確保策をいかに講じるかが課題となっている。

2月末時点でのワンセグ対応携帯の国内出荷実績は、累計で496万8000台。昨夏以降、毎月平均30万〜40万台のペースで出荷され、年末商戦期の12月は57万5000台だった。各社とも春商戦向けの新機種を相次ぎ投入した2月は、112万7000台と急拡大。今後も、高性能端末には標準搭載する傾向が続きそうだ。
posted by dino at 16:25 | Comment(0) | TrackBack(0) | 携帯関連のニュース

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。